288/1960話作成(進捗 14.6%)

劇画刑事・星 逃田Ⅱの巻

劇画刑事・星 逃田Ⅱの巻作品紹介
【18-1】

作品情報

あらすじ

本庁の腕利き刑事、星逃田第2弾作品。スクリーントーン3枚重ねの服を着て登場。
実際の写真を使用したりと、よりリアリティを追求する。
ワンパターンのように事件が発生したので、現場に急行する。運転中にチラッと腕時計を見ようとしたときに、初めて腕時計を紛失したことに気がつく。

登場人物

関連テーマ

書籍情報

JC第17巻(初版:1981年)

掲載作品リスト
劇画刑事・星 逃田Ⅱの巻
【第18巻掲載】本庁の腕利き刑事、星逃田第2弾作品。スクリーントーン3枚重ねの服を着て登場。実際の写真を使用したりと、よりリアリティを追求する。ワンパターンのように事件が発生したので、現場に急行する。運転中にチラッと腕時計を見ようとしたときに、初めて腕時計を紛失したことに気がつく。
薬の時間!の巻
【第18巻掲載】派出所にパトカーで車酔いした職員が休憩に来た。その職員は箱いっぱいの薬を常にもちあるいており、今回も酔いを覚ますため大量の薬を摂取する。彼の薬漬けの様子を見かねた両津は、病は気からだと小麦粉を丸めて、新たに発見された漢方だと言って飲ませた。
初日の出!の巻
【第18巻掲載】中川たちは初日の出を見に、キャンピングカーで北海道に行く計画を立てていた。両津は年末特別警備の予定だったが、無理をいって参加させてもらえることになった。当日出発したものの、途中の道路で渋滞に巻き込まれ、高速道路の上で完全にストップしてしまう。
ふたりの本田!?の巻
【第18巻掲載】本田が、取り締まりで相手を殴ったとか、免許証を金で人に売ったとか、見に覚えのないことで白バイを取り上げられてしまった。派出所で両津に相談していたまさにそのとき、環七で本田が暴れていると通報が入った。本田のニセ者がいるとわかった両津たちは、捕まえに走り出す。
カメ型人間!の巻
【第18巻掲載】両津はパトロール中、子どもたちがカメをいじめているのを目にする。カメを助けるため、子どもたちから買うことになってしまった。カメを派出所に持ち帰ってきたが、なかなか言うことをきかないため、今度は両津がカメをいじめてしまう。部長がそれを咎めて、説教が始まった。
オレも男だ!の巻
【第18巻掲載】本田がガソリンスタンドのレジ係の女性に恋をした。会いに行く口実をつくるために、毎日数千キロもの距離を走り、ガソリンを空にしている。気弱な本田を応援しようと、両津はそのガソリンスタンドまで、本田を連れて行くことにした。そのとき、客のやくざがガソリンスタンドの店員に因縁をつけ始める。
遅れてきた年賀状の巻
【第18巻掲載】町会の夜回りに駆り出された両津。寒空の下、町内を回っていると、年賀状の束を発見する。部長の指示で、両津は一軒一軒届けることになった。最後に訪問した酒屋では、両津が一度も年賀状を出したことが無いことに驚かれ、実家に届けなさいと、たる酒を買わされた。
マイク・パワー・・・の巻
【第18巻掲載】気が小さすぎて、マイクを通さないとしゃべることができない堀口巡査。パトロールの合間に派出所で小休止することにする。マイクを使っての会話に慣れない両津だが、彼が前職で歌謡ショーの司会やキャバレーのよびこみをやっていたと知ると、おもしろがって意気投合する。
受験天獄!?の巻
【第18巻掲載】受験のため、九州から上京してきた青年が派出所に道を訪ねに来た。八王子の親戚宅に泊まる予定であったが、そこも受験生を抱えているとのことで断られていまい、仕方なく、派出所で過ごすことになった。受験を前日に控え、少しの物音にも神経質になる青年の扱いに、両津はほとほと困り果てる。
ヤマトダマシイ!の巻
【第18巻掲載】テキサスの新聞記者が日本の警察について取材したいと訪れた。本庁も断ったということで両津も始めは帰そうとしたが、お土産の酒につられてインタビューを受けることにした。両津はどうせアメリカの記事だとデタラメなことを話しはじめる。
タイトルとURLをコピーしました