288/1960話作成(進捗 14.6%)

恋のカウンタックの巻

恋のカウンタックの巻作品紹介
【6-8】

作品情報

あらすじ

パトロール中、両津たちは公園で落ち込んでいる洋子を見かけた。
声をかけようとしたとき、ちょうど洋子を探していたバーサンに声をかけられる。
聞けば失恋をしたようで、ここ最近元気をなくしているとのこと。
両津と中川は気分転換にと、カウンタックでドライブに行こうと連れ出す。

登場人物

関連テーマ

書籍情報

JC第6巻(初版:1978年)

掲載作品リスト
かっぱの両さんの巻
【第6巻掲載】両津が暑さに耐えられず水浴びをしていると、中川が福引で当てたビニールプールを持って帰ってきた。これはいいと、さっそく派出所内で膨らませて、水泳を楽しむ両津。しまいには、中川や寺井、通行人もを巻き込んで大勢で水遊びを始める。
ど迫力幹事の巻
【第6巻掲載】署の慰安旅行の幹事として両津が指名された。いいかげんな両津につとまるわけが無いと先行きを心配する部長。計画を立てる様子を見ていて、心労で体調を崩してしまう。戸塚たちも今年はえらい旅行になりそうだと不安をもらす。そしていよいよ旅行当日に・・・
モデル・チェンジの巻
【第6巻掲載】派出所内で花火をする両津。打ち上げ花火が他の花火に引火してしまい、室内が戦場のような状態になってしまった。あまりのちらかりっぷりに文句を言う戸塚や寺井だが、両津は意に介さずに、ついでだから派出所のもようがえをしようと呼びかける。
祭り太鼓の巻
【第6巻掲載】公園で子ども相手に手品を披露する男性。彼こそが、かつて部長の因縁の相手であった、スリの名人、唐沢政五郎であった。祭りが懐かしくて戻ってきたという彼の言葉に引っかかった部長は、勤務が終わった後、自分も祭りに行くことにした。
変身 カウンタックの巻
【第6巻掲載】署のパトカーはどれも古くて・・・同僚の嘆きを聞いた両津は、困ったときはお互い様と、中川のカウンタックをパトカー仕様にペイントして、暴走族の取り締まりに向かう。暴走族側もパトカーを燃やすなど徹底反抗。途中で交通違反取り締まりの冬本も参戦し、警察は総力を上げて暴走族の取り締まりを行う。
迷子さんいらっしゃい!!の巻
【第6巻掲載】両津が一人で留守番をしていると、迷子の子どもが派出所に入ってきた。部長に叱られてやる気の出ない両津は、駅前派出所に任せようとするが、子どもは両津になついて離れない。しぶしぶと駅前まで連れて行くが、途中のわがままぶりにさすがの両津も手を焼いてしまう。
育ちざかり!?の巻
【第6巻掲載】両津が病気で入院したと聞いて驚く部長。さすがに病気だとほっとけなく、仕事帰りに皆でお見舞いに行くことにする。一方両津はすっかり回復し、病院でも暇をもてあましていた。ちょうど病院についた部長たちは、ちょっといたずらしてやろうと、医者に変装して登場する。
恋のカウンタックの巻
【第6巻掲載】パトロール中、両津たちは公園で落ち込んでいる洋子を見かけた。声をかけようとしたとき、ちょうど洋子を探していたバーサンに声をかけられる。聞けば失恋をしたようで、ここ最近元気をなくしているとのこと。両津と中川は気分転換にと、カウンタックでドライブに行こうと連れ出す。
亀有のダビンチの巻
【第6巻掲載】芸術の秋に署内で展覧会が開かれる。寺井は油絵、部長は書道と、みな着々と出品作品の準備を進めている。両津は例年通り、マッチ箱の工作を出品しようとしていたが、みんなの前でつい見栄をはってしまい、中川の協力のもと、油絵にチャレンジすることにした。
ふれあい運動会の巻
【第6巻掲載】両津と寺井は町内の運動会に警備に来ていた。快晴のもと知己の友人と話しながらのんびりとしていたが、かりもの競争の賞品がハワイ旅行だと知り、飛び入り参加を決める。しかし、高級車やハリウッド俳優など、無理難題なお題を引いてしまう。
タイトルとURLをコピーしました