288/1960話作成(進捗 14.6%)

快盗・鶴の007号の巻

快盗・鶴の007号の巻作品紹介
【4-1】

作品情報

あらすじ

指名手配犯鶴の007号が付近に潜伏しているという情報を受けた両津たち。
久しぶりの大捕物と、両津、戸塚、寺井の3人は勇んで繁華街に繰り出す。
しかし途中で両津は同期の野口を見つけ、そのまま喫茶店に行ってしまう。
寺井は犯人を見つけるが、人込みのなかに取り逃がしてしまった。

登場人物

関連テーマ

書籍情報

JC第4巻(初版:1978年)

掲載作品リスト
快盗・鶴の007号の巻
【第4巻掲載】指名手配犯鶴の007号が付近に潜伏しているという情報を受けた両津たち。久しぶりの大捕物と、両津、戸塚、寺井の3人は勇んで繁華街に繰り出す。 しかし途中で両津は同期の野口を見つけ、そのまま喫茶店に行ってしまう。寺井は犯人を見つけるが、人込みのなかに取り逃がしてしまった。
部長の悪いクセ・・・の巻
【第4巻掲載】先輩たちの指示で中川は女の子たちを連れてくるが、間の悪いことに派出所に部長が帰ってきてしまう。ごまかすために女の子をけしかけ部長に酒を飲ませて懐柔しようとしたが、ふだんがまじめなだけに、酔っぱらうと手が付けられなくなってしまった。
タレント志願の巻
【第4巻掲載】夜食にと両津が作ったオリジナル創作料理だが、ふと目を話したすきに、交番に忍び込んだ少年に食べられてしまう。逃げ出した少年を追いかけて問いただすと、スターにあこがれて上京してきたと話し始める。しかし訪ねてきたプロダクションの住所は存在しないもので少年は途方にくれてしまう。
お犬様の巻
【第4巻掲載】犬をひきとってほしいと、近所の子供が派出所にくる。中川が両津に相談していると、その子どもはすでにいなくなっていた。しぶしぶ両津が商店街を回って引き取り先を探すが、どこからも断られる。しょうがなしに派出所に派出所につれて戻ってきたが・・・
あつい一日・・・の巻
【第4巻掲載】暑さでイライラする両津のもとに、男性が道を訪ねに来る。八つ当たり気味に追い返そうとしたところ、ふと思い立ち、氷あずきを買いに行かせた。その後も反抗しないのをいいことに、両津のわがままはどんどんとエスカレートしていくが、実はこのおじさんは・・・
亀有大合唱!?の巻
【第4巻掲載】太田裕美のコンサートに、警備のために亀有公会堂に訪れた両津と中川。最前列に席が用意されていたが、そのために熱狂的なファンの一人に目をつけられる。そのファンの度を越した応援に若干引きつつ、注意を続けていたが、その行動がどんどんエスカレートしてくると・・・
ガンマン両津!?の巻
【第4巻掲載】両津と中川は射撃訓練のため深川を訪れていた。訓練中騒ぎを起こしてしまった彼らは塀を越えて河川敷まで逃げ出してきたところ、偶然に逃走中の銀行強盗犯が近くを通りかかる。負傷した中川から銃をゆずりうけ、両津は逃走車両に狙いを定めるが・・・
みあい狂騒曲の巻
【第4巻掲載】部長の知人が持ってきた縁談話。派出所内で適齢なのは両津だけだが、部長はなんとしても断りたい。しかし、最初は乗り気ではなかった両津も、写真を見ると態度を変え、見合いをすると言い出す。翌日、普段と違う出で立ちで現れたの両津に、派出所の面々はざわつきはじめる。
ガッツマン両津の巻
【第4巻掲載】両津と野球少年たちとのふとしたいざこざがきっかけで、少年野球チーム対派出所メンバーで野球の試合をすることになる。派出所のメンツをかけた勝負だが、まともに野球のルールを知っているのは、中川と部長だけの派出所チームは序盤から苦戦を強いられる。
野球狂の男の巻
【第4巻掲載】大あばれしている人をとめてくれと住民が派出所に駆け込んできた。両津が向かうと人だかりができていて、そばにはボロボロに破壊された家が。聞けばそこの主人は筋金入りの”野球狂”で、ひいきのチームが負けこむと、怒りで暴れまわってしまうとのこと。両津はしばらく様子を見ることにするが・・・
タイトルとURLをコピーしました