288/1960話作成(進捗 14.6%)

伊勢神宮参拝の巻

伊勢神宮参拝の巻作品紹介
【2-8】

作品情報

あらすじ

伊勢神宮へ初詣に向かうため、両津、寺井、中川の3人は新幹線に乗り込む。
車内で酒を飲みすぎてしまい、3人はぐっすりと寝入ってしまう。
名古屋に着き、中川、寺井はあわてて飛び起きるが 両津の姿がどこにも見当たらないことに気が付く。

登場人物

関連テーマ

用語解説

伊勢神宮

両津たちが初詣に向かった神社。

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名を冠しない「神宮」(じんぐう)であり、他の神宮と区別するために伊勢神宮と通称される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE

亀有から伊勢神宮までの経路は、概ね以下の通り。
新幹線は名古屋で下車し、以降は在来線に乗車。

https://www.google.co.jp/maps/
東大・通(とうだい・とおる)

漫画『東大一直線』の主人公。
両津が乗り過ごして到着した博多駅にゲスト登場。

『東大一直線』(とうだいいっちょくせん)は、小林よしのりによる日本のギャグ漫画。週刊少年ジャンプ(集英社)にて1976年28号から1979年45号まで連載された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E4%B8%80%E7%9B%B4%E7%B7%9A

関連作品

年始の挨拶に来た洋子に初詣の予定を聞かれ、
両津は「かるく新幹線でおイセまいりよ」と答えていた。

書籍情報

JC第2巻(初版:1977年9月30日)

掲載作品リスト
敵もさるもの!!の巻
【第2巻掲載】両津と中川が江戸川で釣りをしていると、近くの橋で交通事故が発生した。 ちょうど東京と千葉のさかいであり、どちらの管轄になるか、警視庁と千葉県警で押し付け合う。 話し合いのため両津たちは千葉県側に行くが、どこか様子がおかしく・・・
にくいヤツ!?の巻
【第2巻掲載】冬の寒い日、凍えながらパトロールから戻ってきた寺井は、あったまろうと、こっそりと酒瓶に手を伸ばす。それに気づいた両津は、咎めるでもなく、みんなで楽しもうと熱燗をつくりはじめ、さらにはつまみ代わりにすき焼きを作ろうと思い立つ。
12月24日雪・・・の巻
【第2巻掲載】クリスマスでまちが賑わうなか、一人きりで夜勤をすることになった両津。家族サービスやパーティーだと、楽しげに家路につく同僚たちに不満げな両津だったが、おとなしく派出所でプラモデルを作っていると、続々と知り合いが訪ねてくる。
タバコ屋の洋子ちゃん・・・の巻
【第2巻掲載】年末、総出で派出所の大掃除。マメな性格の部長は天井や、ロッカーの裏、タタミの下までもひっくり返し、両津が隠していた酒や雑誌、はたまた壊した拳銃などを発見する。悪事がばれた両津は叱られる前に逃亡しようとするが・・・
ナゾの男・・・の巻
【第2巻掲載】両津が派出所で漫画を読んでいると、窓から覗き込んでくる老人と目が合った。気になった両津は、何か用かと問い詰めるが、勤務態度について指摘をされてしまう。怒った両津は「おまえにいわれるすじあいはないわ!」と老人を追い返してしまうが・・・
交剣知愛・・・の巻
【第2巻掲載】年末恒例の剣道大会に参加するため署を訪れた両津と中川だが、 勢い余って駐車場でパトカーと接触事故を起こしてしまう。相手方の言い方にカチンときた両津だったが時間がないからと、慌てて剣道場へ向かう。この相手、実は剣道の名手で、両津たちは大会でさんざんに苦戦することになる。
撃ちぞめの巻
【第2巻掲載】元旦の早朝、中川をたずねてホノルル市警のポールが派出所を訪れた。中川に頼まれていたものを届けに来たとのことだが、中身はなんと本物の拳銃だった。仔細を問いただすと、どうやら飛行機で持ってきた密輸同然の品。巻き込まれたくないと急いで帰そうとするが、初詣帰りの部長と鉢合わせてしまう。
伊勢神宮参拝の巻
【第2巻掲載】伊勢神宮へ初詣に向かうため、両津、寺井、中川の3人は新幹線に乗り込む。 車内で酒を飲みすぎてしまい、3人はぐっすりと寝入ってしまう。名古屋に着き、中川、寺井はあわてて飛び起きるが 両津の姿がどこにも見当たらないことに気が付く。
タイトルとURLをコピーしました