288/1960話作成(進捗 14.6%)
作品紹介

ハローグッバイ!の巻後編

【第29巻掲載】ロス市警の白バイ隊員・サンディの研修が本格的にスタートした。白バイ隊員との交流や警視庁への訪問など、いそがしく飛び回る。オフの日は銀次の案内で浅草を散歩する。両津は本田のサンディに対する気持ちに気が付くとあきらめるように忠告する。最後の見送りに本田の姿は無かった。
作品紹介

ハローグッバイ!の巻前編

【第29巻掲載】ロス市警の白バイ隊員・サンディが研修生として来日し、両津と本田が案内役を務めることになった。ハードスケジュールで観光する時間がまったく取れないなか、下町の雰囲気が好きだというサンディのために、両津は浅草の実家に泊まるように提案する。
作品紹介

洋子の春!の巻

【第29巻掲載】タバコ屋の洋子ちゃんがついに警察官になった。仕事初めの日、先輩の小野小町と一緒に、ミニパトで派出所に訪ねてきた。小町は女子プロレスから転向した異色の婦警で、違法駐車した車を自力で移動するほどの怪力がある。食事後、両津たちは信号無視の車を発見し、後を追いかけた。
作品紹介

少年忍者田中くんの巻

【第29巻掲載】会社と家庭でストレスを抱えたサラリーマンの田中一朗は、自身の好きな漫画のヒーローと自分を重ね合わせるようになっていた。正義の使者に扮して、絡まれている人を助けようとするが、腕っぷしが弱く返り討ちに合う。戦うための武器を求めて、両津が寝ている間に拳銃を盗んでしまった。
作品紹介

五式物語の巻

【第29巻掲載】中川はなじみのレストア工場に両津を連れて行く。工場長の北原は戦時中は航空整備士をしており、自身の整備不良により五式戦闘機を墜落させてしまったことを今もなお後悔していた。戦後、自費で飛行機を引き上げ、夜な夜な修理を続けてきたが、無理がたたって、ついに体調を崩してしまった。
作品紹介

タクシー・ドライバーの巻

【第29巻掲載】変なタクシーがいる。通報を受けた両津は現場に向かう。そこに書かれていたのは、自分で運転するセルフタクシーだった。両津は車に乗り込むが出られなくなる。走って料金を入れないと開かない仕組みになっているためだ。両津はしぶしぶお金を払ったが、納得できないため社長に直談判することにした。
作品紹介

ヤングタウン!の巻

【第29巻掲載】部長が知り合いに頼まれて、4日間原宿にある喫茶店の店番を引き受けたが、不安なため両津に協力を求めた。いざ接客を初めて見ると、土地柄かすねかじりで世間知らずの若者が多く、両津とぶつかってしまう。部長も慣れない接客で寝込んでしまう。両津は中川の力を借りて、全面改装をすることにする。
作品紹介

クレイジータンク!の巻

【第29巻掲載】両津は友人が新車を買ったというので、それに乗せてもらって競馬場に行く約束をしていた。身代わりのための人形を作って派出所で待っていると、重戦車の砲塔が派出所の扉を突き破ってきた。友人が買った新車というのは、この戦車だった。
作品紹介

寺井家訪問の巻

【第29巻掲載】寺井がついに家を買ったとのことで、部長と両津は遊びに行くことにした。電車、バスを乗り継ぎ、さらに最寄り駅から車に乗り換えてやっと到着した。両津たちが懇談していると、住民税の徴収や猟友会などが、ぞくぞくと家にやってくる。おかしいと思い不動産屋に電話すると、すでにつぶれていた。
作品紹介

山は友だち!?の巻

【第29巻掲載】見かけによらず華麗なスキーテクニックを誇る両津に対して、初心者の本田はなかなか滑り出すことができない。両津は特訓と称して本田を連れ回すが、いつの間にか吹雪がきて遭難してしまう。なんとかホラ穴を見つけて避難すると、そこには足をくじいた女性がいた。
タイトルとURLをコピーしました